巷では桜満開ですが・・・

以前、我が家のミニバラ(100円ミニバラ)が怪しいという話を書きましたが、5-6月が開花のミニバラが、ミニならぬ大輪の花を咲かせました。。。巷では、桜の花が満開なのに、我が家では、バラです。。。

 

休眠期もなく、年末に載せた画像の通り、年末年始も花を咲かせ、約1か月は花芽がなかった(去年の5月に購入してから初めて花を咲かせなかった日々)ものの、今年の2月、横浜でもあの氷点下だった極寒にも関わらず、つぼみが・・・。そして1か月半かけてゆっくり開花しました。

 

勿論つぼみができるくらいですから、葉の茂り方も凄くって、真冬にもかかわらずどんどん新芽がでてくる12-2月でしたので、植え替えもせず、勿論以前書いたように、肥料も全然やっていないのに、この元気よさ。

 

そして、ふとみると、すでにさらに花芽が2つあって、また今年もジャンジャカ花を咲かせる気満々って感じです。

 

このミニバラ、買った当初は、もっと黄色がかったオレンジ色だったのですが、ピンクがかったオレンジ色に花の色が変わってきています。

 

花言葉を見てみると、オレンジ色のミニバラは無邪気!

 

うーん、超納得。

この子は本当に、小さい子供のように純真で無邪気で、ただ嬉しくって嬉しくって花咲かせているって感じがしてたんです。

 

因みに黄色は、愛情の薄らぎ、嫉妬。

ピンクは、満足、輝かしい、愛を持つ だそうで、色が変わってきたのも、花言葉からすると超納得でした。(本当にバラまで怪しい我が家。)

 

そして、一緒に植えている、普通のミニバラ(赤)も、100円ミニバラにペースを乱されたのか、先月から凄い勢いで葉っぱが茂る茂る@@

 

この赤ミニバラは、我が家にやってきた去年、花は咲くものの、葉を随分自ら落として一時瀕死になったのですが、我が家の(ヒーリング)リカバリールーム(=お風呂場)で、龍たちの手厚いワークにより、持ち直した過去を持つお方なのにです。

 

今は買ってきた時よりも、ずっと元気にいっぱい葉っぱをつけてくれてとても嬉しいです。(因みにこちらも肥料やったことなし&土もバラ用じゃありません。)