与えられたものをどう扱うか

以前、使命について書いたことがあり、人の使命には、

 

自分の成長のための使命

社会の一員としての使命

 

があり、全てその根底には、”愛を学ぶ” という絶対的なお約束を持って私たちは地上に降りてきたのですが、最近それに付随して、

 

与えられたモノをどのように扱うか

 

ということも、人間に課された重大な使命 であると感じるの。

 

 

具体的に言えば、例えば、

 

ニトログリセリンを作りました → 医療技術(薬)に応用する ということもあるけれど、

    ↓

爆弾に応用する  ということもあり、

 

では、医療技術に応用する というのが何でも善なのかというと、そこに、

奉仕の精神が根底なのか、それとも、私利私欲が絡んでいるのか(←白い巨塔のZ教授とか、自身の医療技術の発揮の仕方の理由は後者でした。)でわかれ、同様に、

 

爆弾に応用する というのが何でも悪なのかと言うと、古いビルの解体に使うことだってあるのだから、そうとも限らない訳で、でも、このニトロを、

 

大量殺戮兵器への応用を考え、実現し、実行してしまうのも、同じ人間なのよね。

 

 

これは、ニトログリセリンの例だったけど、お金だってそうだし、食べ物だってそう、そしてご自身がお持ちの能力についてもそう。だから、これは、他人の問題ではなくて、みんな自分自身の問題であるの。

 

何しろ私たちは、前述の絶対的な神とのお約束である ”愛を学ぶ”ため に地上に降りてきているのだから、愛を常に持って行動すれば、おのずと、与えられたモノに対して、どう選択・行動すべきかはわかるはずなの。。。

 

それなのに、今、世界的にまるでファシズムのような極端なナショナリズムが横行し、争いも絶えない。日本は海に囲まれていて他人事と思えるかもしれないけれど、前の戦争も、日本が軍事的に突然他国に進行していったことを考えれば、これから他国が突然日本に軍事行動を起こしてくる可能性がないとはいえない。

 

私たちは”愛”の存在であるから、一人でも多くの人が、心から、世界の平和を祈る行動にでることで、集合意識に、世界平和 が根付き、私利私欲&破壊的なリーダー達が台頭できなくなると私は思うのよね。

 

ということで、世界の平和を心から祈ってくださる方募集中。

 

なお、バレンタインデーの無料オンライン瞑想会のご案内はコチラです。