Sherlock Cafe again

前回、期間限定のシャーロックカフェに行った時、8月末までとのことだったので、今日行ってきました💖

 

そして、お店についたら、な、なんと、再延長が決定され、それもなんとも微妙な9月16日まで。

 

今回のシャロカフェ訪問の目的は、ズバリ、メスシリンダービール!

 

シャーロックシリーズ3エピソード2のスタッグナイト(結婚前のto be新郎とその男友達達との無礼講:シャーロックでは、ジョンとシャーロックの二人っきりでしたが。)で、シャーロックが、ほろ酔い程度に収まるよう計算した用量を、正確に測れるようにとメスシリンダー(と言いながら、本当はメスシリンダーでシャーロックの指定した用量は正確には測れませんが。。。)にビールを入れてもらって、二人でパブにてメスシリンダーでビールを飲むところから、とってきたメニューです。(このメニューは、シャーロックファンには、直球ど真ん中ストライクって感じです。)

勿論お店には、等身大?のシャーロックやジョンの看板?がありますが、お外に向いているのは、マイクロフトさまでございます。

 

しまった。長傘(マイクロフトのトレードマーク)持ってくればよかった~!

 

お店は予約席もあるほど、一時満席になるほどの大賑わい。

ここは、期間限定のお店で元々は早川書房の下の喫茶店なので、お客さんが入店するたびに、

「シャーロック(メニュー)ですか?」と店員さんが聞くのですが(勿論定番メニューもあり、それとはシャーロックメニューは異なるので。)、「いいえ」と答えたお客さんは皆無でした。(笑)皆シャーロックメニュー目当てと言う、もはや、この地は、我らシャーロックファンには、聖地と言ってもいいかも。

しかし、日本でのこのフィーバーぶりをよそに、本国では、マイクロフト役であり脚本のゲイティス氏が先月末、シリーズ5は無いだろう という寂しい発言をされていました。今年9月末のイギリスのシャロコン(シャーロックコンベンション)は、未だ、ハドソン夫人以外のレギュラー出演者の出演は決まっていないようですし、なんとも寂しい限りです。(って行く訳ではありませんが。)

 

これは忌まわしき花嫁(シリーズではなく単独のスペシャル)の時の写真(ということで、ヴィクトリア朝時代のお衣装)なのですが、シリーズでなくてもいいので、このような単発企画を今後不定期に私たちに見せてくれると嬉しいのですが。。。